chance→challenge→ change

大学時代、親友との合言葉は「世界を広げる」ことでした。
授業は最低限の出席にとどめ、視線は外へ外へと向いていました。

あまり大したことはできなかったのですが、
結果的に人間関係が拡がり、高校時代とは比にならないほど、
視野が大きく広がったのは大きな収穫でした。

「人との出会いは、新しい自分との出会い」という言葉を実感できた
大学時代だったように思います。

Businesswoman standing on a ladder looking through binoculars

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年スタートした、大学1年生向けの連続講義の最終回。

毎回、授業の冒頭で「chance→challenge→ change」の姿勢で望むようにと伝えています。
与えられた「機会」に「挑戦」して「変化」を起こしてほしいと。

「コミュニケーション」をテーマに、自らが他人と話したり聴いたりする
ペアワークやグループワークに多くの時間を割いていますし、
くじで席を決めるので、大半が、毎回初対面の人と対話をすることになります。

仲のいい、似た者同士だけでコミュニケーションすることに慣れているため、
強い抵抗を感じたり、戸惑ったりすることが多いようですが、
次第に慣れてきて最終回を迎える頃には、自分とは異なるタイプの人と話す
楽しさを知り、学内で挨拶し合える知人が増えたりもしているようです。

そして、モノの見方や考え方・価値観の多様性を知り、
異なるタイプの人と接することの面白さを知ること、
お互いを大切にしあえるコミュニケーションのコツをつかめるステップへと
進んでいけるようにしています。

大学時代のスタート時点で、そういう実感を得ることで、
ゼミや部活やアルバイトなどのシーンでも、人との関わり方が変化するといいなと思っています。

なんて偉そうなことを言いながら、
私も、異質な人とのコミュニケーションは、まだまだ発展途上なんですけどね。

Girl Holding Plant

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、これから大学生が出ていく社会は、これまでよりも一層
多様な人たちとの、柔軟で臨機応変なコミュニケーションを求められます。
私達社会人も、同時にそれを求められているわけですが、
みずみずしく、しなやかな感性を持っていて、あっ!という間に目を見張るような成長を
遂げていける時期を生きている大学生には、きっと敵いません。

もっと自信を持って、どんどんチャレンジしてほしいと願いながら、
私たち大人がそれを阻害していないかな・・などと気を払いながら、
いつも学生さんたちの前に立っています。

今、大学生向けにしている仕事は、何も知らない無謀で生意気な学生だった私を
「けしからん」などと否定せず、時に真剣に叱りながら、温かいまなざしで見守り
育ててくれた大人や仲間達への、恩返しかのかもしれません。

関連記事

  1. LGBTの就活支援

  2. 【開催報告】ライフキャリアを包摂したキャリア支援  ─家族観・ジェンダ…

  3. 【開催報告】学生が行う社会人インタビューの学びと支援:キャリア支援研究…

  4. 「LGBTの就職支援」アンケートへのご協力をお願いします

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP