いつも同じ失敗を繰り返していませんか?

キャリアの選択は、損得よりも「直感力」 という話題の続きです。
私も経験上(自分自身のキャリア&支援側の経験)、すごく納得できる理論だと思います。

しかしながら、一点だけ気になる事があります。

それは、右脳が「不幸慣れ」している場合は、
間違った直感を信じてしまう危険があるかもしれない、ということ。

つまり、自分を苦しめる選択をすることに右脳が慣れている場合は、
安易に直感を頼るのは危険かもしれません。

???????????????

 

自分を苦しめていることであろうと、それが「習慣」や「癖」になっていると、
安心感があるというか、心地いいのです。

例えば、こんな癖は思い当たりませんか。

  • 「私が我慢すれば、丸く収まる」と考えて、相手と話し合うことを諦めている。
  • 「私がやってしまった方が早い」と考えて、全てを抱え込んでいる。

頑張り屋さんの女性によく見られる思考パターン&行動で、
仕事を丸抱えして、心身の健康を損なうほど疲れ果てていたりします。

「察してオーラ」を出してアピールしてみるものの、パートナーと話し合うことなく、怒りや不満を腹の中に貯めながら育児・家事をすべて自分で抱えて、イライラ&ヘトヘトになってるワーママも、このパターンを持っていたりします。

そこで、私からの提案です。
過去に、直感で選んだ選択の「結果」を振り返ってみてください。
Woman Doing Calculations

もし、同じ過ちを繰り返していつもそのことに苦しんでいたり、
失敗ばかりしているかもしれないと思ったら、右脳の機能を「更新」して、
幸せな選択ができるようトレーニングし直したほうがいいかもしれません。

手帳学講座では、自分らしいキャリアを選択するための、
右脳機能「更新」のお手伝いもさせて頂いていますよ 😉

もしご興味ありましたら、お問い合わせくださいませ☆

 

関連記事

  1. キーワードは「対話」 ~女性に伝えたい、未来が変わる働き方~

  2. 仕事と育児の両立を目指すママのための鑑賞会(1)@国立近代美術館

  3. ご紹介いただきました:資生堂の「働き方革命」

  4. 【お知らせ】講演会報告記事を掲載頂きました(山形市男女共同参画情報誌)…

  5. 「仕事と育児の両立を目指すママのための鑑賞会(3)現代アートとの向き合…

  6. 産後ヘルパー 里帰りせずに産後を乗り切る準備 (その1)

  7. 【お知らせ】対話型鑑賞会の記事が掲載されました(日経DUALさん)

  8. 「仕事と育児の両立を目指すママのための鑑賞会(4)子育て中こそ、アート…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP